トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

今年は空梅雨? 世界の雨乞い行事       

      2015/11/18

こんにちは!今年は梅雨入りが早く、梅雨の期間が長くなるかな?

と思ってたらあまりジメジメしてないし、雨もあまり降りませんね。

今年2013年空梅雨でしょうか?

空梅雨になる時は梅雨はじめにが多いと聞くのですが雷も

ならなかったような?

 

私の地域でも予想では雨はしばらく降らないみたいです。

まだ深刻ではないですが降水量が少ないということで農業での

水不足が心配ですね。「雨乞いしなくっちゃ」ということで世界の

雨乞いてどんなのか調べてみました。

 日本各地でもでもいろいろなところで雨乞いの風習がありますが迫力があるのが

脚折雨乞い

脚折雨乞(すねおりあまごい)は埼玉県鶴ヶ島市に伝わる雨乞い行事。巨大な蛇体を作って練り歩き、雷電池(かんだちがいけ)へ導くことで降雨を祈願する。昔は旱魃の時に行っていた。現在は4年に一度行うことで保存継承を図っている。⇒公式サイト

日本のテレビでもよく紹介されていますがタイ北東部とラオスの村で雨季が近づくと開かれている伝統的なタイのロケット祭り 

 ネパールの雨乞い祭り マッチェンドラナート祭 なんか博多祇園祭りの飾り山笠みたいですね。

インド東部のビハール州の農家では、未婚の娘さんたちにに

田畑を耕させる雨乞いの儀式を行います。

女性たちは日没後、宗教歌を口ずさみながら田畑を耕し、神に祈りを捧げます。

なんでも天気を司るに恥ずかしい思いをさせて、モンスーンの

雨を降らせるようにさせようとするそうでが、この雨乞いの儀式は

ビハール州では、最も強く信じられている風習であり、多量の雨が

降るまでは続けられます。

なるほど 雨が降るまで雨乞いをすれば雨乞いは必ず成功しますね^^!

Sponsored Link

 - 自然