トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

おわら風の盆 2014年日程 見所 交通規制は?        

      2015/11/18

富山県八尾市八尾町 三百年の歴史ある祭りがある           

その祭りには豪華絢爛さはない。                        

情緒豊かに艶やかに気品高く踊り継がれる

 

富山県八尾市のお祭り「 おわら風の盆」は前夜祭から始まり

本祭りが毎年9月1日~9月3日にわたって開催されます。

下の動画のナレーションにもありますように確かに

そのナレーションがぴったりのとても雰囲気がある素敵な

お祭りです。

※本祭前の8月20日から30日まで前夜祭が行なわれ

31日は本祭前の休みになってます。

 

「風の盆」の魅力の魅力はなんといっても  

その哀切感に満ちた旋律、芸術までに高められ、

洗練された艶やかで優雅な踊り、哀調のある音色を

奏でる胡弓の調べにあります。

そういった魅力もあって毎年約25万人の観光客訪れます。

おわら「風の盆」の起源

おわらの起源は、江戸時代の元禄期にさかのぼると伝えられ

それによると、町外に流出していた「町建御墨付文書」

を町衆が取り戻したことを喜び、三日三晩踊り明かしたことに

由来しているそうです。

(※ 町建御墨付文書というのは、何かの建物を建てるための許可書)

 

また「風の盆」という名称がまた情緒があって素晴らし

くいいですね。

二百十日の前後は、台風到来の時節。

昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、

豊作祈願が行われてきました。

その祭りを「風の盆」というようです。

名称の由来は はっきりしてないそうですが風鎮祭からとも

お盆行事からきているとも言われています。

Sponsored Link

前夜祭と本祭りのスケジュール

 前夜祭は8月の20日~8月30日

前夜祭「おわらステージ」

(※2014年はまだ公式発表前なので2013年度版です。)

会場八尾曳山展示館『観光会館』ホール(有料)
開場午後5:30
開演午後6:30~午後7:50(雨天決行)
内容は ①「おわら風の盆」の映像紹介
     ②おわらの踊り方の解説
            ③富山県民謡おわら保存会による地方、三味線・
      太鼓・胡弓の伴奏で男女の洗練された舞台踊り
前夜祭「各町内」

開催時間:午後8:00~午後10:00(雨天中止)
内容は輪踊りと町流し毎晩、1町内が輪踊りや町流しなどを行います。
風の盆本祭り
9月1日~9月3日風の盆「おわら演舞場」における演舞会
会場:富山市立八尾小学校グラウンド
日時
9月1日(午後7:00~午後9:25)
9月2日(午後7:00~午後9:00)
※雨天中止(ペット同伴不可)

         演舞場入場料

指定席3,500円  自由席2,000円

風の盆「各町内」

9月1日~3日の輪踊り・町流しについて

各町内(11支部)が決めたコースでの輪踊り・町流しがあります。
(降雨中の輪踊り・町流しはありません。)

9月1日/2日
午後3:00~午後11:00(但し、午後5:00~午後7:00は夕食・休憩のため踊っておりません。)
9月3日
午後7:00~午後11:00(午後7:00以前は、一切踊っておりません)

    ⇒交通規制     富山県富山市八尾町⇒地図

 

 以上最後まで読んでいただき ありがとうございました。

 - 文化