トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

視力は本当に回復するのか?       

      2015/12/19

当ブログにお越しいただきまして有難うございます。
視力低下に悩んでいる方に少しでもお役にたてれば幸いです。

まず気になるのが 低下した視力は視力トレーニングで本当に回復するのか?
ということですが・・・答えはイエスです。
ただ誰でもが元の視力にもどるのか?と聞かれれば・・・
答えはノーということになります。

視力の向上の仕方には個人差があります。
これもある程度目安があります。

現在の視力がどの程度かにもよりますし、その他 年齢、
近視歴の長さよっても
回復の仕方は変わってきます。
やはり軽度の方があがりやすいのは間違いありません。

0.02とかの超強度近視の方が1.0とかには回復する可能性はありません。
(それを望むのであればレーシック等などの外科的手術しか方法はないのが現状です。
別にレーシックを薦めてるわけではありません。)

ただそういう方も二十歳前後でしたらトレーニングで
0.1前後までは上がる可能性はあります。

よく仮性近視は治るけど真正近視は治らないということいわれますが
[真正近視]と診断されたからといって あきらめるのは早すぎます。
近視はまず仮性近視から始まります。

そしてその仮性の部分が真正に移行し始め、
それに新たな仮性の部分が
出てきます。

仮性近視のみ」が「仮性真正近視

それが特に成長期の間は繰り返され 視力がドンドン低下し続けていきます。
ただ真正近視といわれても多くの方が「仮性」の部分を残しているのです。

お子さんが例えば0.5前後で目の屈折度数が
軽度の-1ディオプトリー以下くらい
だったとします。

それくらいでしたら仮性の部分がほとんどです。
元々1.0以上あるのでしたら高確率で1.0以上に戻ります。

それ以下になってきますと「真正」の部分が入ってきますので
戻らない部分が出てくるわけです。

ここで視力トレーニングの限界が生じてきます。

正しい説明ではないかもしれませんが 「真正」の部分を説明すると
眼軸が伸びてしまい
毛様体筋の調節力を上げても限界が出てくる部分です。
現在 伸びた眼軸を戻す方法はありません。

要するに視力トレーニングで上がる部分と上がらない部分が あるという事です。

そしてその上がる仮性のはどれくらいあるのか 目安はありますが
正確にはトレーニングを
やってみないとにも分らないのです。

期間としては6か月から12か月ぐらいで上がる地点の
限界点がみえてきますから、そこまでが上がる範囲です。

たとえば0.08ぐらいの方でも 0.7ぐらいに上がる人もいますし
0.2前後で回復が止まってしまう場合が あります。

たとえば目の屈折度数が-2.0 ディオプトリー とします。
これくらいの屈折度数だと裸眼視力0.1ぐらいの方が多いのですが
同じ屈折度数でも裸眼視力0.7の方もいれば0.08の人もいます。

ですから0.08の方が0.7に上がることもあるのです。
(ただこの例は小、中学生の時ぐらいでしょう。)
視力トレーニングで個人差が出てくるというのは こういう理由もあります。

回復した視力は下がらないのか?

また回復した視力は下がらないのかといわれれば 答えは
「また目に悪い習慣をするならば当然視力は下がってきます」

これは特に成長期の間は油断できません。 なぜかというと成長期 
特に低年齢であればあるほど
軸性近視を起こしやすいからです。

成長期を過ぎれば眼球も固まってしまい眼軸が伸びなくなります。
ですから近視が進んだにしても視力はそんなに低下しなくなってきます。

ですから幼稚園はもとより小、中学生から近視化が始まった 方は要注意です。

その時期に近視化が始まるとあとあと大変不便になり、大変危険です。
強度の近視になるからです。
強度近視になったら「超不便」と「危険」が重なってきますから悩みも深刻です。

0.1ぐらいでおさまっていれば遠くを見る時 多少不便でも、
メガネ無しでも本も読めますし、
パソコン画面が見えなくて
出来ないという事はありません。

老眼になっても裸眼では近くを見ることが出来るので不便を感じません。
ここは近視の人のメリットですが強度近視はメガネ外したら
本も読めないので
そのメリットも体験することは出来なくなります。

強度近視の場合は全てにおいて裸眼生活は難しくなり
眼鏡コンタクト無しでは
生活することが出来なくなります。

また強度近視の場合緑内障、 網膜剥離などの危険性が高まり、
そちらのほうも不安が
一生付きまとう事になります。

ですから そうならないように目のトレーニングは
やる意義が十分ありますし、やっておいた方が良いのです。

トレーニングの概要

難しいことは何もありませんし、
当ブログで紹介するトレーニングも
あまり多くのトレーニング方法を紹介しても消化不良を起こすだけですから 基本的なものだけを紹介するようにしています。

一部を省けば、ほとんどネットで検索すれば
出てくるような
基礎的なトレーニングです。

なんだ読んだことがあるぞとそのままにせず
実行するようにして下さい。

1、原因は長時間連で行う近業が主ですから近業する時の注意事項を守ること。
2、目の血行を良くして疲労を蓄積させないようにすること。
3、目の毛様体筋、外眼筋を鍛える。これも子供さんでもできる簡単な トレーニングのみです。

トレーニング効果の判定をするときは!

1、視力が回復したら、これは分かりやすいですよね。
効果が出たという事ですよね。

2、視力は全然上がってない、しかし視力は維持する事が出来ている。
強度近視まで下がりきった方は別にして、視力低下している成長期の時は

1か月単位で見ていってもわかるぐらい下がっていきます。
成長期の時 近視化が始まれば視力を維持することも難しくどんどん下がっていきます。
ですからトレーニング始めて視力低下が止まっていれば効果が出ているという事です。

そしてそのトレーニング効果は始めたその日からでているということを
頭に入れておいてください。

強度近視でも裸眼が上がってないように見えて
今より軽い度数のメガネで見えていくようになっていきます。
あまり見えなくなって使わなくなったメガネの矯正視力を
最初に計測しておいてください。

トレーニングをする前は視力が下がり続けたのに
トレーニングを始めた日から極端な視力低下は 止まる方がほとんどです。

しっかりトレーニングを行なっていれば ほとんど視力低下進行しません。

成長期の近視は 何もしなければ こんなにはやく進んでいきます。
画像はクリックすれば大きくなります

視力が上がる期間の目安ですが3か月から 12ヶ月が目安です。
6か月までに潜在的な視力の8割ぐらいの部分が 上がるような感じで
後半6ヶ月で2割の部分を
上げていくような感じになると思います。
もちろん個人差はあります。

後はその視力を維持していくためにトレーニングを続けていきます。
続けていくことにより上がった視力が安定していきます。

まとめ

もしあなたのお子さんが視力低下してきているのであれば
成長期特に中学生以下の年齢で近視化が始まった場合は
強度の近視になる方がほとんどです。
それだけはどうしても避けたいところです。

子供たちにもトレーニングを勧めてやってください。
もしご自分たちで出来ないようであれば

いわゆる視力回復センター に通うのもありだと思いますが
基本的には視力センターでやるトレーニングは
自宅でもできるようなものばかりです。

では視力トレーニング頑張りましょうね!

こちらから入っていただければ最初から
順番に
読むことが出来ます。

 - 視力回復