トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

もし熱中症になったら!応急処置の仕方は?       

      2015/11/17

熱中症は予防が一番大切ですが、もし熱中症が発症したら
どうすればいいのか?
いざという時に知識があればあわてなくて済みますよ。


今回は熱中症になったらどうするの?」ということで

予防と応急処置という事でまとめてみました。

目次
①熱中症症状

②熱中症の予防

③熱中症が発症した時の対応

④まとめ

熱中症の症状

高温環境下によって生じる疾患・障害の総称して

熱中症といいます。

熱中症は大量の汗をかくことにより体内の水分や
塩分のバランス、
熱の放出のバランスが崩れ、
体温調節機能が破綻し、
最悪の場合死亡する
恐れのある病態です。

2

Ⅰ度軽症

失神の原因は 高温多湿化の環境で体温を下げようと
体表の毛細血管が拡張し血流を増やします、血管の
拡張により血圧が下がり、脳へ血流が低下するために
起こります。
めまい失神立ちくらみが代表的な症状です。

太郎君
暑い!なんか?めまいがしてきた。

また汗をかくことにより水分とともに塩分も失われます。

大量の汗をかいた後に水分のみを補給した場合

血液中の塩分濃度が低下し、足や腕などに痛みを
ともなった筋肉のけいれん、硬直、こむら返りがおきます。

私の場合、やはりこれは夏の話ですが 朝から8時ぐらいまで
汗びっしょりになって働いていたんですが、夜中寝ている時に
こむら返りになって、かなり痛い目にあいました。

つま先を手前に戻してなんとか戻そうとするのですが、
それがなかなか戻らないで痛かったという覚えがあります。

Ⅱ度中等症

高温多湿の環境下で汗を大量にかくことで水分、と塩分が
過剰に失われ脱水の為に血流
悪くなり体温維持が
出来ず体温上昇が起こっている状態です。

全身の倦怠感、虚脱感、頭痛、吐き気、意識障害などの
症状が出ます。

Ⅲ度重症

高度の脱水症状により体温調節が失われ体温が
40度以上になり発汗が止まります。

臓器障害をともない、生命の危険がある状態です。
意識障害をおこし、血流低下、痙攣などをおこします。

すすむ君
・・・・・・・・・・

Sponsored Link


熱中症予防

 ①水分、ミネラル補給
コーヒー等カフェインの入ったもの、炭酸飲料水、
ビールとアルコール類は
熱中症対策には適していません。

大量の発汗で失われた水分、塩分その他のミネラルを
補給するために麦茶、スポーツドリンクをのどが
渇く前に こまめに飲みます。

特に運動、作業をする場合は15分~20分に1回100㏄ほど
飲むようにして下さい。

②屋内でも熱中症になることはあります。

風通しを良くし、カーテン、すだれ、ブラインドで
直射日光を防ぎ、
暑い時はあまり我慢をせず、
エアコン、扇風機を使用してください。


部屋には温度計を用意し時々気温、湿度をチェック
してください。

③服装
服装は通気性が良く、速乾性があるもの着るように
して下さい。
襟元を開け熱がこもらないようにしましょう。

⑤夏対策グッズ
最近は夏対策グッズも豊富ですからそれぞれ使い
分けて利用しましょう。

ネッククーラ、インナークーラー、ひんやりシート、
クールマット、帽子、日傘アイスノン他冷却剤、
その他いろいろあります。

炎天下の作業をする職人さんその他の方は暑さ
対策には万全を期してくださいね

空調ヘルメットはすべての職人さんにおすすめ
熱のこもっていたヘルメットの中が別世界と評判です。

冷却材、

 

熱中症が発症した時の対応

万が一熱中症が発生した時冷静に発症者を観察し、
迅速に手当てをすることが大切になります。
①意識障害があるかどうか!

②体温が異常に上がってないか!


③頭痛、めまい、吐き気がないか!


その他異常がないか観察

観察してまだ軽いかな?と思っていても
油断してはいけませんよ!

急に症状が悪化することがあります。
上記のような症状ひとつでもあれば速やかに
救急隊を要請しましょう。

もし救急車を呼ばなければいけないような時は
救急車が到着するまでは患者さんを涼しい日陰
またはエアコンの効いた部屋に連れていきます。

また衣服の下に こもった熱を放出させるため出来る

範囲で衣服を脱がせるか、緩めて靴も脱がせて
あげて下さい。

また体温を下げるため濡れたタオルを直接皮膚にあて
うちわ等で煽ぎ体を冷やします。

氷や冷却材などがあれば首筋、わきの下、足の付け
根にあて
体を冷やします。

またスポーツ飲料で水分、ミネラルを補給します。

意識障害、嘔吐があって飲めない場合は水分、
ミネラルを
補給するために病院で点滴を打ちます。

救急車が来たらあとは隊員の方にお任せします。
後は一人付き添って病院まで搬送します。

Ⅱ度中等度以上の場合は速やかに病院の
治療が必要です。

Ⅰ度軽症の場合も長く続くようならば病院で
診てもらうようにして下さい。

まとめ

熱中症は高齢者、肥満の方、今までに熱中症に
なった方がなりやすいといわれています。

また体調が悪い時にも発症することが
ありますので
普段から体調管理をして
疲れている時はあまり無理を

しないことが大切ですね。

あとそれと熱中症は脳梗塞の原因にもなります
のでこちらの記事も併せて読んでみて下さい。
脱水症状で血液がドロドロで血栓ができて脳血管に
詰まることもあるということですね。

海外の調査では、気温が32度を超えると脳梗塞の
死亡確率が1.7倍に増えるという結果が出ているそうです。
脳梗塞の前兆 チェック

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 健康