トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

土用丑の日2016年はいつ? 意味 由来は?       

      2015/11/30

土用丑の日といったら、やっぱりウナギですよね!

ここ最近ウナギは不漁で値段も高くなっていましたが・・・。

うなぎは、夏バテや疲労などに効果があるといわれています。

 

実際栄養価も高く、体の抵抗力を高めるビタミンAやビタミンAの

吸収を高める脂質の他、ビタミンB1、B2、E、D、

ミネラルである、カリウム、カルシウム、亜鉛、鉄などもバランス良く

含む優れた食品です。

 

またアジ、サバ等の青魚にも多く含まれる

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を

多く含み、動脈硬化など予防や血中のコレステロール値を

抑制してくれます。

 

そもそも土用丑の日になぜ?ウナギが食べられるのか?

いくつか説があるようですがひとつは平賀源内がコピーライター

だったという説

これは有名な話ですが、江戸時代 鰻屋さんが

夏場になるとウナギが売れなくなるという事で困っていました。

 

そこでエレキテルの復元で有名な博物学者 平賀源内さんに

相談したところ「本日、土用の丑の日」

というキャッチコピーを考えてくれて、それを店先に張り紙をした所

有名な源内先生が「丑の日にうなぎ」と書くのだからと評判になり、

それが当たってお店は大繁盛をしたそうです。

 200年以上も効果を上げているコピーてすごい~

 

でもなんで丑の日? ただ単に丑の日の「う」と「うなぎ」の「う」で

語呂が良いということのようです。

 

 また他には「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」

という風習があったとされ、鰻以外には、梅干や瓜などを食べる

習慣もあったようです。

 

キャプチャ1        キャプチャ1                           画像「江戸むらさき特急」より

もう一つの説は江戸時代末期、大名にうなぎを納めていた

神田和泉町通りの春木屋善兵衛という人が、ある夏に日に

殿様から大量の鰻のかば焼きの注文を受けました。

 

ですが注文が多かったので一日ではとても作れないという事で

土用の子の日と、丑の日と、寅の日の三日に わたって蒲焼を焼き、

それを土がめに入れて密封し、その一つ一つに日付けをつけ、

床下に貯えておいたところ、丑の日に納めたうなぎ蒲焼だけが

変質しなかったとこ ろから、うなぎ蒲焼は丑の日に限る、

と考えられたという説もあります。

 

 

2016年 土用丑の日

土用の丑の日というウナギを食べる夏の土用の丑の日を思い浮かべますが、

実は年に数日あります。

 2016年(平成28年)

 2016年1月20日(水) …冬の土用の丑の日(一の丑)
 2016年2月1日(月)……冬の土用の丑の日(二の丑)
 2016年4月25日(月) …春の土用の丑の日
 2016年7月30日(土) …夏の土用の丑の日
 2016年10月22日(土)…秋の土用の丑の日(一の丑)
 2016年11月3日(木) …秋の土用の丑の日(二の丑)

 

Sponsored Link

鰻のかば焼き関西と関東の違い。

鰻のさばき方は関東と関西では違っており 関東では背開き、

関西では腹開きになります。 これは江戸は武士の町という事で

腹開きは切腹に通ずるという事で 敬遠されたため「背開き」、

 

一方大阪では商人の町で「腹を割って話すと」 という事で

「腹開き」になったといわれています。

 

焼き方も、関東では一旦素焼きにした後、蒸して余分な

脂を落としてから タレをつけて、再び焼くのに対して、

関西では蒸さずに白焼きのまま タレを

つけて焼くという違いがあります。

 

 

 - 文化