トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

冷え症原因 対策 体を温める日常生活の工夫!       

      2017/09/14

 

手足が冷たい、つま先が冷たくて眠ることができない、膝や腰が冷える、

寒さに耐えられない、なかなか体が暑くならずには眠れない、夜中に寒く

て目が覚める、体温が低いなどの訴えをよく耳にしますが、どれもが冷え症の典型的な症状です。

 

冷え性 を起こしている障害や病気のほとんどは、心と習慣の

問題が大きく影響を与えるために同じくらいの寒さを他の人よりも

敏感に感じるので行動が消極的になって運動不足や食欲不振

などの不健康な習慣におちいりがちです。

 

その結果、栄養不足·貧血·低血圧·自律神経失調症などに

なって冷え性になることがあります。

 

Sponsored Link

 

また、偏食·栄養不足·運動不足や過度のストレス·不安·ヒステリー

などによっても寒さに対する抵抗力を失う場合もあり、貧血や虚弱など

弱い体質のため生じることもあります。

 ニュース15

冷え性は、他の症状と一緒にでてくることが多く、原因に応じて

形は様々に変化します。

冷え性と一緒とともに出てくる症状には、疲労感·おねしょ・頻尿

唾液の分泌増加·そう痒感・口の乾き・発汗・関節痛・腰痛・頭痛··

耳鳴り・更年期障害・不眠・めまい・しびれなどがある。

 

このような症状は、単独で現れることもありますが、いくつかの

症状が一緒にでてきます。

 

いずれにせよ、冷え性は、末梢血管が収縮して血流が少なくなるために

起こります。

 

冷え症対策 体を温める日常生活の五つの工夫

 

        ニュース15

①半身浴 

湯船の中に小さい椅子か洗面器を逆さににして下半身を

湯につけて入浴します。全身浴に比べて心臓への負担が軽く

長く入ることができます。

時間は40度で20分、41度で15分、42度で10分くらい入ると

大量の発汗も有り下半身の血流も良くなります。

 

同時に体内でヒートショックプロテインが生成され

免疫も上がります。 夏はシャワーだけという人も

多いとおもいますがどんな季節もしっかり湯船に入ってください

 

ヒートショックプロテインの記事はコチラ

⇒サウナ効果 免疫力を上げるヒートショックプロテイン

 ②手浴、足浴を行う。

血行促進、肩こり、足のむくみに効果的です。

手や足が冷えていると感じた時だけでなく時間があったら試してください。

洗面器や桶などに42度ぐらいのお湯を入れ手や足を10~15分つけてください。

お湯に塩をひとつまみか生姜を一個すりおろしたものを入れると効果的です。 

 簡単にリラクゼーション!手軽に自宅で足湯を満喫!!【イノマタ】リラックス足湯専科(足湯器・足...

 

③筋力アップ スクワット

人間の体温の40%は筋肉から発生しますので、

体温を上げるためには筋肉を鍛えることが大切になります。

 

スクワットで大腰筋を鍛える。

持続させるためにも無理はしなくても結構です。

まずはヒンズースクワットをやってみましょう。

最初のうちは1セット10回 一日に3セットでも毎日やれば

筋肉量は増えてきます。

できたら一日100回以上を目指してください。

 

ポイントは腰を落とす時はゆっくり1、2、3、

と数えてください。

立ち上がる時は4、5、6、と数えてやると呼吸を促すこと

により効果が上がリます。

 あとウオーキング 1日に10000歩以上をめざしましょう。

 

④使い捨てカイロ

お腹を温めると体全体が温まり、代謝もよくなり病気の治癒も促進されます。

冷え症の人は腹巻をした上に腹や腰の部分に使い捨てカイロなどを貼って

温めてください。

           
           

寒い時の外出時にはマフラーをまいたり、マスクをするのも

効果的です。男性はズボン下、女性はスパッツなどを着用し下半身を

冷えから守るようにして下さい。

⑤ 湯たんぽ

              今夜から湯たんぽ始めます
               今夜から湯たんぽ始めます / yto

冷えから体を守ろうと電気毛布を使用する人もいると思いますが

あまり電気に頼ると自力で発熱する力が弱まります。

寝るときは足が温まると眠れます。逆に足が冷えている間は眠れません。

冬場は湯たんぽが一番効果的です。

以上ですが冷え対策にはまだいろいろあります。別の記事にまた

まとめたいと思います。 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 関連記事⇒冷え症対策 血流改善の為のピーマンの上手な食べ方。

 関連記事⇒サウナ効果 免疫力を上げるヒートショックプロテイン

 - 健康