トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

赤口 意味?読み方は?入籍 結婚式して大丈夫?       

      2015/11/06

 

赤口の読み方は「しゃっこう、しゃっく、じゃっこう」通りの読み方が有ります。

 

赤口六曜(六輝、ろっきの一つで中国の時刻、吉凶占い室町時代の頃日本に伝わってきたもので江戸時代の頃より庶民の間に広まりました。

 

よく結婚式の挨拶で「お日柄も良く・・・・・」と挨拶されますが、

この お日柄が六曜のことで「赤口」はお日柄的には あまり良い

日ではないとされています。

赤口は「大凶」の日ですが馬の刻(正午頃)だけは「吉」になります。

 「赤」の字が示すとおり、刃物や火の元には特に要注意とされています。

 ニュース15

六曜には他に先勝(せんしょう、せんかち)、友引(ともびき)、

先負(せんまけ、せんぷ)、仏滅(ぶつめつ)大安(たいあん)

があります。

先勝

「先んずれば即ち勝つ」ということで、午前中が吉、

午後(二時から六時まで)は凶

友引

友を引くということで慶事(結婚式や出産等のお祝い事)に

喜ばれますが、葬儀は大いに忌(つつし)むべきとされています。

朝、晩は吉、昼は凶です。

先負

先勝と逆で、午前中が凶で午後は吉です。

公事、急用は忌む日とされています。

仏滅

万事に凶である悪日です。

大安

最良の日で、何事をなすにも吉です。

 

Sponsored Link

入籍、結婚式の日取りと六曜

明治神宮(結婚式)
明治神宮(結婚式) / hiroooooki

 何故か結婚式の日取りになると大安が良いとか仏滅

絶対ダメだとか気にする日本人、現在では若い世代の方は気に

しない方が多いのですが結婚式になると少し考えるようですね。

 

この六曜(占いの一種)、今はカレンダーに必ず書かれていますが

これは明治以降のことで、それまでは「六曜」は全くメジャーでは

ありませんでした。

 

それまでの旧暦には暦注と言って吉凶の方角やその日の

注意事項が書かれていましたが、文明開化の明治になって旧暦が

使われなくなり、明治政府も占い、迷信を載せることを禁止しています。

 

そうすると暦が数字だけの味気ないものになるから

暦が売れなくなるわけです。

 

そこで明治政府から承認された弘暦社という製作会社

暦を売るために考えたのが六曜載せる事だったのです。

 

チョコレートを売るためのバレンタインデイ、ケーキを売るための

クリスマスと変わりないような理由から始まっています。

            気象暦
             気象暦 / yto

 

六曜も占いではありますが 明治政府の暦に関する禁止事項

六曜は入っていませんでした。

 

法律の規制対象にもならなかったほどマイナーな存在でしたが

こういうわけで六曜は一躍メジャーな占いとして広がって

いったのです。

 

また仏滅も もともと物滅と書かれており、物を相手に

取られるということで、仏教と何も関係ありませんし、

神社とも関係ありません、友引も共引きと書かれ

引き分けという意味ですが 後から友引きに変化したものです。

 

「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、

「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある

結構いい加減な占いです。

 

昔日本でも賭博の げんかつぎ程度

使われていた占いのようです。

 

しかし、そのいい加減な占いがここまで広がってしまい、

なんとなく 結婚式とか何か特別な日に気にしているだけなのです。

 

江戸時代に結婚式は大安という習慣はなかったはずです。

ですから結婚式や葬式その他の日取りで六曜の事を気にする必要は

特にありません。 

 

誰もが本当の由来を知らずカレンダーに

書かれているのを見て習慣化しているだけです。

 

仏滅の日は結婚式場の料金も安くなりますから結構ラッキーな日

かもしれませんね。

 関連記事⇒友引の意味 通夜 葬式はどうするの?

 - 文化