トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

防災の日 二百十日 台風の多い特異日とは?       

      2015/11/18

 防災の日9月1日ですが、この日防災の日に制定されたのは1923年(大正12年)9月1日に発生し関東大震災にちなんだものです。

 

また9月は大型台風が多く大きな被害をもたらしていることから各地で防災訓練が行われています。

 

二百十日と台風の特異日

 

二百十日(にひゃくとおか)は、雑節(ざつせつ)のひとつで、

立春を起算日(第1日目)として210日目のことをいいます。

 

ちなみに二百二十日というのもあってこの日も台風災害

危険日とされています。

平年は9月1日が多いのですがですが うるう年で一日前後ずれる

年があります。

       1951年⇒  9月2日

1952年~1987年⇒  9月1日

  1988年~現在 ⇒  9月1日 

     うるう年   ⇒8月31日

この頃は台風の襲来と稲の開花の時期が重なることから、

昔から農家の厄日とされてきました。

ただ実際は二百十日に上陸した台風はこの62年間(2012年現在)で

1974年 台風16号一個しか上陸していません。

 

台風の発生日は8月が多いのですが、9月の台風は勢力が

強く、秋雨前線によって大雨が多くて大きな被害をもたらします。

 

台風の特異日は統計的に9月17日26日

大きな被害を もたらした台風が来ています。

災害はいつ来るかわかりません。

日頃からの防災意識を高めておく必要がありますね。

 

 9月26日頃に来た大型台風

  1. 室戸台風:1934/9/20~21:死者不明者3,036名
  2. 枕崎台風:1945/9/17~18:死者不明者3,756名
  3. カスリーン台風:1947/9/14~15:死者不明者1,930名
  4. 洞爺丸台風:1954/9/25~26:死者不明者1,761名
  5. 狩野川台風:1958/9/26~28:死者不明者1,269名
  6. 伊勢湾台風:1959/9/26~27:死者不明者5,098名

 9月17日頃に来た大型台風

  1. 1947年(昭和22年)のカスリーン台風
  2. 1948年(昭和23年)のアイオン台風
  3. 1961年(昭和36年)の第2室戸台風

本日は最後まで読んでいただき ありがとうございました。

 

 

 - 自然