トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

目の疲れ(眼精疲労)を取る方法!       

      2015/11/19

眼精疲労回復

 

眼睛疲労は目を酷使すれば誰にでも起きますがこの眼睛疲労を改善するためにはどうしたらよいのでしょうか?

その為に大事なのはどうして眼が疲れるのかその原因を知ることが重要になります。

 

 

 

ニュース13

目の疲れと視力低下のメカニズム

モノを見るという事は眼球の網膜に映し出された

モノの形、色、動きなどは視神経を通って視覚中枢に

届きその情報が前頭葉に映し出されます。

見るという事は眼だけではなく脳も使っているということです。

 

目が疲れる原因その①長時間 連続して行う近業作業

 目には眼球そのものを動かしている外眼筋と目の中にある

水晶体の厚みを変えピントを調整している毛様体筋の2種類の

筋肉があります。

毛様体筋がギュと締まると水晶体が厚くなり近くのモノに

ピントをあわせます。緊張状態

 

逆に遠くを見るときは網様体筋が緩んで遠くに

ピントを合わせようとします。リラックス状態

 水晶体

単純に考えると近くを見続けるというのは

常に目を緊張状態にさせている事になりますから

パソコンを何時間も連続で見続けたり、読書を長時間連続で

見るような状態ですと当然目が緊張状態ですので眼が

疲れてしまいます。

 

また近くを見る時は外眼筋を使い眼を中央に寄らせます。

これがけっこう眼を疲れさせる原因になります。

試しに人差し指を眼の前5cmぐらいに持っていき

両目で見つめてみてください。

 ニュース13

これは外眼筋も毛様体筋も極度の緊張状態になりますから

誰でも数秒もしないうちに我慢ができなくなり、頭もいた

くなるはずです。

 

この実験によって近くを見る時は眼を酷使

するんだなということがわかります。

 

普通はそこまで目を寄らせ近くを見ませんが

近業を長時間連続でやるということは眼筋を常に

緊張させているということになります。

20分毎に5M以上の遠くを20秒間眺めて下さい。

そして目を少し強めに3回から10回ほど瞬きをしてください。

毛様体筋 外眼筋の緊張を緩和することができます。

 

 

状況に応じたメガネの使い方!

ニュース13

 

まずメガネコンタクトについての注意事項をお話していきます。

簡単に説明すると1.0以上見える高矯正のメガネは遠くを見る

為には適していますが、読書、パソコン等の近業するには不適切です。

近くをを見るとき1.0以上では毛様体筋を緊張させます

その完全矯正したメガネだとで近くを見る作業では目が疲れたり

こりを起こす原因になる可能性があります。

また視力を低下させる原因にもなります。

 

近くを見るには両目で0.4前後あれば不自由しませんし、

完全矯正した眼鏡コンタクトよりも自分の力で見ようとする

意識が働き回復に役に立ちます。

低矯正のメガネの場合は遠くが少し見ずらいですが近業する

場合は問題ありません。

普段もその眼鏡で過ごします。家でテレビを見る時はテレビから

2mの距離で見えます。

3mとかは無理して離れなくても結構です。眼が楽な距離で結構です。

運転する時や映画館で映画を見る時とか必要な時だけ

高矯正の眼鏡をお使いください。

 

人は40歳ぐらいから老眼の症状を感じてきます。

老眼が始まっても近視の人は裸眼では老眼を感じにくい

のですがメガネをかけると老眼の症状を感じます。

高矯正のメガネをかけていると顕著にその症状を感じて

近くが見づらくなります。

その時でも低矯正のメガネでしたら近くでも楽に見えます。

使わないでも近くが見えるようであればそれも必要はありません。

まず眼鏡の使い分けをするようにしてください。

Sponsored Link

目薬を使うときの注意点。

ニュース13

目薬を使うとすぐに充血も取れて目がスッキリしますが

使いすぎには注意が必要です。

 

特に目薬をさしても目の充血が取れないようであれば

逆に目薬の副作用が出ている可能性があります。

使いすぎには注意してください。

 

頻繁に使わなければおさまらないような眼精疲労の

場合はあなたは目を酷使しているのでパソコンの読書する時

途中で目の休憩が少ないかもしれません。

 

 

近業(パソコン、読書等)の近業するときの注意事項

パソコンの使いすぎで目が乾く、頭痛がする、首が痛むなど、

コンピューター視覚症候群と呼ばれる症状に悩まされている

オフィスワーカーやゲーマーは多いはずです。

 

20分に一度は5m以上離れたところを20秒間見るようにしてください。

特に見つめようと意識する必要はありません。

 

またパソコンしている時はマバタキが減る傾向にあります。

 

マバタキですが特にパソコンに集中していればマバタキの回数が

眼精疲労を起こしやすくなります。

マバタキは視力を維持する上でとても重要なものです。

 

まばたきの効用といたしましては

眼房水の流れを良くし目に酸素、

栄養行き渡るようにする。

②角膜のコンデションを良くし目に映った画像のぶれを修正する。

③涙で角膜を洗浄し清潔に保つ働きをする。

 成人で1分間に20回ぐらいがマバタキをするのが正常です。

これより少ないとドライアイになったり、眼精疲労をおこし視力低下につながります。

蒸しタオルによる目の温湿布をしてください。

電子レンジで1分間ほど温めたタオルを5分程目にあててみてください。

ドライアイの改善にもつながります。

また首の後ろにもあてるもっと効果的です。

眼はマイボーム腺というところから目を保護する油がまつげの

根元近くから出てきて涙もそうですが眼の表面を保護

してくれています。

ドライアイの人はこの油も固まって出にくくなっています。

ドライアイの目は表面が凸凹状態になっています。

それだけでも視力はかなり低下してしまいます。

 

 - 健康