トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

頭の臭いが気になる方は塩洗髪を試してみて下さい!       

      2014/01/24

頭の臭い対策

塩洗髪の効果とやり方

髪の毛についた匂いではなく頭皮そのものの匂いが気になる方は塩洗髪を試してみてはいかがでしょうか!

頭の臭いが気になる方はシャンプーもこだわり、しっかり洗ってらっしゃることと思います。

 

しかし それでもすぐ頭皮のニオイが気になってしまい

悩んでいらっしゃる方も多いようです。

一日に2回洗ってもニオイが気になるとか言ってらっしゃる方も

おられます。

ちゃんと洗っているのになぜ~?

 

そういった方の場合洗いすぎ界面活性剤入のシャンプー

原因である可能性があります。

 

前回「頭の匂いの原因は脂漏性湿疹かも?」でもご紹介

したのですが頭皮自体が界面活性剤入りのシャンプー、

リンスで傷んでしまい、頭皮の健康なバリア機能と

新陳代謝を阻害されひどくなると皮膚炎を起こしたり

している可能性があります。

 

皮膚もそうですが頭皮も常在菌がいっぱいです。

菌と聞いたら何か体に悪いイメージがありますが

そうではありません。

 

良い菌の代表的なものに表皮ブドウ球菌があります。

表皮ブドウ筋は皮膚を守るためには欠かすことが

できない菌です。

 キャプチャ3

皮膚は表皮ブドウ球菌により弱酸性を保ち

黄色ブドウ球菌等の病原菌から

皮膚を守ってくれています。

Sponsored Link

 

しかし洗いすぎたり、界面活性剤で常在菌の

バランスがくずれ黄色ブドウ球菌等の悪い菌が増えると

皮膚を清潔に保つことができなくなり皮膚炎をおこしたり

臭いを発する原因になることがあります。

          

塩洗髪のすすめ

そこで今回紹介する方法は界面活性剤が髪の毛、

頭皮に悪いなら使わなければ良いというご提案です。

キーワードは塩洗髪

キャプチャ1

 塩洗髪はテレビでおなじみの五味クリニック院長

五味先生も薦めています。

 

塩洗髪のやり方

洗面器にお湯を張り粗塩小さじ1~2杯を

入れて用意しておきます。塩が多少多くてもかまいません。

脂性の方は大匙1杯ぐらいでもいいかもしれません。

 

 ※管理人の場合髪も長くないので洗面器に

お湯を半分ぐらい入れて塩を小さじ2杯ぐらいで

やっています。

 

塩は高いものでなくてもよくスーパーに

売っている粗塩を使います。

 

なぜ塩を使うのかというと熱めのお湯だけですと

タンパク質を凝固させ固まらせてしまうようです。

 

皮膚上のタンパク質は、垢にも含まれており

皮脂からも汗腺からも出ます。

 

それらが、凝固して固まると、皮脂の出口がふさがり皮脂が

出にくくなったり、垢が皮膚に固着して取りにくくなったりします。

塩はそのタンパクが固まるのを防いでくれます。

 

髪と頭皮をよくブラッシングし、頭皮をマッサージしながら

まず ぬるめの温水シャワーを勢いよくかけ埃、脂を洗い流します。

そのときあまり強くこすると逆効果になるので指の腹で

もみほぐすようにマッサージします。

 

塩入の洗髪水を頭全体に少しずつかけ頭皮に浸透するように

軽くマッサージしてください。

 

最後に塩が残らないようにやや熱めのシャワーで

勢いよく洗い流します。

以上これだけです。

※頭皮の臭いが気になる方は皮脂成分も過剰分泌ぎみですので

塩洗髪しても しばらくは脂が多く少しべったりするかもしれません。

 

しかし塩洗髪をしていくうちに皮脂の過剰分泌もおさまり

常在菌のバランスも良くなり、臭いも気にならなくなります。

 

洗髪は2~3日に一回程度でいいのですが夏場など汗を

かきますので管理人はそういう時は毎日洗っています。

 

 髪の毛が抜ける、髪の毛が細い、臭いが気になる

という方はぜひ 脱界面活性剤を試してみては

いかがでしょうか!

きっといい結果が出ますよ!

記事はこちらの五味先生のブログを参考にしました。

 異常最後まで読んで頂き ありがとうございました。

 

 - 健康