トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

ドクダミローションでシミ シワが消える。どくだみ化粧水のつくり方       

      2013/12/23

手作りローションは防腐剤等余分なものを使ってないのでお肌に無理がなく、かぶれなどの危険も少ないので安心して使えます。

 

手作りローションを使う素材はどくだみがお勧めですよ。

 

 

 ドクダミ? #4ドクダミ? #4 / syasara

どくだみは日本中どこにでも生えてますし、

薬局でも乾燥葉が売ってますので簡単

に手にはいります。

 

どくだみローションを根気よく使えば2~3ヶ月も使っていれば 

すべすべお肌で肌の基礎も良くなってシミ、シワも減ってきます。

ドクダミの主成分はデカノイルアセトアルデヒドは

抗菌、抗炎症、解毒作用が有り、すり傷やニキビにも効果があります。

手作り どくだみローションのつくり方

ドクダミローションの作り方はアルコールベースのドクダミローション

とノンアルコールのドクダミローションの作り方があります。

 

Sponsored Link

1、日持ちする アルコールベースのドクダミローション

用意するもの

  1. ドクダミの生葉100枚~150枚、生葉が手に入らない場合は薬局で乾燥葉30g~40gを使います。
  2. ホワイトリカー1升(35度)
  3. グリセリン20cc~30cc
  4. 材料が全部入る口の広いビン

※グリセリンは保湿材、乾燥肌のひどい方はアルコールベースの

  ドクダミローションがおすすめ。

作り方

  1. ドクダミを水洗いして汚れをよく落とします。
  2. 水分があるとカビの原因になりますから葉の水分を綺麗なタオルでよく拭き取ります。
  3. ドクダミの葉を広口ビンに入れますがその前に熱湯煮沸しておきましょう。
  4. 葉を入れたらホワイトリカーを入れます。
  5. 冷暗所に10日間保存したら液が茶色ぽく変色しますのでザルで葉をこして取り出します
  6. 最後にグリセリンを加えてよくかき混ぜます。
  7. 冷暗所で保存して小分けして使います。

 2、ノンアルコールドクダミローションの作り方

用意するもの

  1. ドクダミの乾燥葉 約15g
  2. 素焼きの土瓶または土鍋かホーローのヤカンか鍋でも良い。(鉄や銅製のものは化学変化するので不可)

 作り方

  1. 300cc~500ccの水に乾燥葉を入れ、とろ火で半分の量になるまで煮詰めます。
  2. 煮詰まったら茶こしでこして出来上がりです。
  3. 1回で使い切れなかったら容器にいれて冷蔵庫で保管5日~1週間は使えます。

しゅんしゅん - ドクダミ煎じてます
しゅんしゅん – ドクダミ煎じてます / kayakaya

出来上がったらコットンに染み込ませて5分程パッティング

して顔に塗ります。

適度に顔を引き締めてお化粧ノリも良くなりますよ。

 

なれないうちは水で少し薄めて肌に慣れさせてから用いてください。

また手作りローションを使うときはご自分の皮膚に合うかどうか

パッチテストを行います。

 

腕の内側や皮膚の柔らかいところにつけ一晩様子を

見てかゆみなどが起こる場合は使用を見合わせるか薄めに使うように

してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 健康