トレンドライフ インフォメーション!

気になる情報、生活に役に立つ情報を発信しています。

*

お香典の金額-相場と表書きの書き方       

      2015/08/26

香典とは香を供(そな)えるという意味で、香を持参するかわりに香の代金を送ります。

元々は慰問客が葬儀のために米や麦、野菜などの現物を持ち寄りました。

もちろん現代ではそういう事はしませんので、急な出費に対する相互扶助意味で 

 そのような供物ではなく香典として現金、供物として お花を贈ることが一般的になっています。

 

お葬式を上から覗いてみた
お葬式を上から覗いてみた / bm.iphone

香典袋の表書き

 

香典の表書きは亡くなられた方の宗教に合わせた書き方をします。

間違えやすいのが「御仏前」で これは49日以降の法事に

用いられるもので香典の時には使いません。 

 

また不祝儀袋も蓮の花の絵がついているものは仏式だけのもので

他の宗教の場合は使いません。

      ニュース15

まずどの宗教でも使えるのが「御霊前」です。

宗教が分からない時は「御霊前」とします。

ニュース15

「御霊前」

仏式、キリスト教式、神式いずれの葬儀にも用いられます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「御香典」(おこうでん)

「御香奠」(おこうでん)

「御香料」(おこうりょう)

仏式で用いられます。

 その他の仏式の表書き

御弔典 (ごちょうでん)「御弔料」(おとむらいりょう)

団体や会社などから社員や職員の香典の時に用いられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「御榊料」(おさかきりょう)

「御神饌料」(ごしんせんりょう)

「御神前」(ごしんぜん)

「御霊串料」(おんたまぐしりょう)

神式で用いられます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「御花料」 (おはなりょう)

「御花環料」(おんはなわりょう)

「御白花料」(おんしろはなりょう)

キリスト教(プロテスタント、カトリック)で用いられます。

 

「御ミサ料」、「御弥撒料」(おんみさりょう)

キリスト教(カトリック)で用いられます。

ミサはカトリック教会の中心的な儀式になります。

「忌慰料」(きいりょう)

 キリスト教式。プロテスタントの葬儀に用います。

 

Sponsored Link

 

香典の相場

香典の金額は、故人とのおつき合いの深さや、贈り主の

年齢によって異なります。

 

親、兄弟は別にして5000円~1万円が一般的です。

入れるお金は新札は使わないのですが、新札しかない場合は

1本折り目を入れて入れます。

贈り先20代~30代~40代~
友人・知人3千~5千円3千~1万円3千~1万円
兄弟・姉妹2万~3万円3万~5万円3万~5万円
おじ、おば5千~1万円1万~2万円1万~2万円
両親3万~10万円5万~10万円5万~10万円
その他親戚5千~1万円5千~1万円5万~1万円
友人・知人の家族3千~5千円5千円5千円
勤務先の同僚3千~5千円3千~5千円3千~5千円
勤務先の部下5千~1万円5千~1万円5千~1万円
取引先関係3千~5千円5千円~1万円5千~1万円
ご近所3千~5千円3千円~5千円5千~1万円

 

御香典の渡し方

ニュース15

香典を受付で渡すときは受付の方が読める方向にして

「御霊前にお供えください」の一言を添えて両手で持って渡します。

 

また何かの都合で通夜、葬式に参列できず香典袋

現金書留に入れて送る場合は香典袋に住所、名前、金額

忘れず記入し、お悔やみの手紙を同封して贈ります

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 - マナー